百周年記念館

  一、 さわやかに渡る白南風 創校の泉は湧きぬ
       学びたき若人つどい すずやかに瞳は燃ゆる
       蒼澄める空 輝く知性
       さあ友よ ともに歌わん
       新しき世紀のために
           あヽ富山高校 あヽ富山高校
           歌声よ響け

   二、 雪解水はしる越の野 向学の思いはあふる
        戦いの時代を経ても 変わらざる真理は燃ゆる
        逆巻く波 みなぎる生命
        さあ友よ ともに歌わん
        みのりある世紀のために
            あヽ富山高校 あヽ富山高校
            歌声よ響け

    三、 冠雪の光る山脈 滔々と大河は流る
         百年の歴史を超えて 同窓の力は燃ゆる
         豊かなる大地 尽きせぬ心
         さあ友よ ともに歌わん
         拓けゆく世紀のために
             あヽ富山高校 あヽ富山高校
             歌声よ響け

混声四部。
 これは名曲である。歌う機会は校歌よりも少ないが、校歌よりも人気は高い。
  歌詞を見ても、一題目は創校の思い、二題目で戦争の波を乗り越え、
   三題目で百年の歴史と未来をうたっていて壮大である。
    「百年の歴史を超えて」のふしをうたって鳥肌が立たなかったことはない。

  曲を聴くには、Real Player、MID PLUGなどが必要です。
   Real Playerの日本語ページへReal Networks)   MID PLUGのページへYAMAHA

 表紙へ