3月1日(金)


式典後、写真を撮り出す先輩方。

富校の杜メンバーで1枚。

春の訪れが垣間見える、暖かな晴天の中。富山高校の卒業式がありました。

先生も生徒も黒1色に服を揃え厳かに始まった式典では、お馴染み我が校吹奏楽部の演奏が卒業生を迎えます。

卒業できる喜び。憧れの先輩との別れ。迎えるであろう、新たな日々。

抱える思いは、人それぞれですが。

「さよならは悲しい言葉じゃない」

その言葉を信じて、前へ。

> 晴天だったんだね…よかった…みなまっすぐ飛び立つ後押しをしてくれたんだね…。すぐ入試…新しい仲間がやってくる…みな進級だ心構えは…。

コメントありがとうございます!卒業式、本当に晴天で良かったです。心構えもしっかりしていかなくてはですね……!(; ・`ω・´)

> 卒業式―泣かなかったぞ―未来を信じた。今は―富高時代に悔いは無い!

コメントありがとうございます!悔いなく未来を信じる心持ち、本当に尊敬します(´;ω;`)
自分の思う道を切り開いていってください……!

> 前へ前へ。。。更新待ってる。31日まで。。。

ありがとうございます。あともう少しの任期、頑張ります!( ・`д・)

> 富校の杜を見て富高へ入学した君へ……外と内とで違いは有ったかな。新たに富高を目指す仲間を増やせたかな。 富高に関する思いが変わったかな。大きく見つめ直して欲しい。   富校の杜が多くの方々の目に触れて欲しいね。富校の杜が広く受け継がれていきますように。 君に続けて欲しいは無理かな。 ((富高を愛する一人)

富校日記記者として過ごした日々は、とても有意義な半年間となりました。けれどこの半年は、読者の皆様に応援していただいたからこその時間でした。「好き」を追いかけてきたこの道で、心から感謝申し上げます……!


2月の日記
1月の日記
12月の日記
そのむかし もっとむかしの日記

表紙へ