12時半

12:30、発表

キャー!という歓声が2階にまで届いてきました。そのとき富校生は春期補講中で4限終了が12時35分だったため、絶賛授業中。私のクラスは漢文の授業だったのですが、西中庭から歓声が聞こえてくると、先生がにこにこと「二年前を思い出しますね。みなさんも一年後、あんな歓声を上げられたら良いですね」とおっしゃられ、気持ちがほっこりしました(´`●)

掲示板を確認

その後、私はカメラを持って新記者さまと急いで西中庭へ♪゜+ 受験生、とその家族、富校生、報道で、西中庭は人がいっぱい!携帯で自分の受験番号を撮るのはもちろん!ですが、電話で合格を知らせている合格者が多く見られました。

友達とともに喜ぶ 友達とともに喜ぶ2

先輩と喜ぶ

また、印象的だったのは、富校生が自分の後輩を探す姿や、後輩と一緒に合格を祝う様子です。私が夕方のニュースで見た中部・滑川高校では中学生しか映っていませんでしたし、合格発表の場に現役生もいる、というのは割と珍しいようです。富校に取材に来ていたキャスターが、間違えて富校男子にマイクを向けてしまうほど、西中庭は中学生と富校生が同じくらいの割合でいました。笑でも、自分の知っている先輩にその場で合格を祝ってもらえるって、素敵なことですよね(*vωv`*)!そういった様子を見ていると、またまた気持ちがほっこりしました(´`●)

二年前の私はというと…、自分の受験番号をひとりで一瞬遠くから見ただけで、ガッツポーズもせず、叫ばず、写真も撮らず、速攻で母と携帯を買いに行ったので、今日の様子を見て何だか後悔してしまいました。笑

合格者の280名のみなさま!

富山高校合格、おめでとうございます+・☆きっと今頃は新入生説明会を経て(現在は3/18ですが)、4月からの高校生活に期待を抱いたり、宿題に頭を悩ませたり、不安があったり…、といろいろだと思います。まだ入学していない、フレッシュ!なみなさまにこんなことを言う私はKYかもしれませんが、富校に入学したことを後悔することが、おそらく一度、必ずあると思います。富校に限ったことではなく、どこの高校でも。どんな進路でも。これは、私が中三の時に学年主任の先生がおっしゃっていたことで、中一の頃から富山高校一筋だった当時の私には、「まさかヾ(`∀´)ノw有り得ないwww」だったのですが、私の場合は入学して1ヶ月程経った時に、それがよく分かりました。でも、それと同時に、自分で決めた進路だから誰にも文句は言えないし、もし中三に戻れたとしても、きっと私は富山高校を受験しているだろう、ということも、自分で感じました。どんな道に進んでも、そこには絶対に困難があるし、だからこそ、そこに充実感や楽しさを見出せるのだと思います。

4月からの自分に、愛と勇気を込めて…!